【本で水が飲めるようになる?】汚水を浄化して飲み水にする本が命を救う!


毎年300万〜400万人が汚れた水を原因とする病気で亡くなっていく。


そんな状況に一石投じようとするのが、安全な水を世界に届けることをミッションとする「Water is life」だ。「Water is life」は最近では水を浄化するストローなどでも知られている(今回の開発は、カーネギーメロン大学とヴァージニア大学の科学者・エンジニアに依頼)。


そんな「Water is life」が次に発明した製品が、「水をきれいにする本」だ。


清潔な水の大切さを啓蒙するメッセージが書かれた1枚の紙を
通すだけで、汚れた水が簡単に飲めるようになる。
しかも生み出せる飲用水は1ページで30日、1冊で4年分にもなるとのこと。


この「本」が一人でも多くの人の、命を救うことを願いたい。

Water is lifeのHPはこちら

Water is lifeへの寄付はこちら


編集者:伊丹

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

Bizcast掲載日:

元動画は2014年4月30日に投稿されたものです。