メーカーズの時代が到来!「今のハードウェアはネットの黎明期と同じ」takram 田川氏 ユカイ工学 青木氏


Infinity Ventures Summitの動画一覧はこちら

スタートアップと言えばソフトウェアやサービス開発がすぐに思い浮かぶ。

一方でハードウェアなどのいわゆる「モノ」づくりの存在感は、まだまだ薄いのではないか。


日本のモノづくりと言えば、大手家電メーカーの大量生産に最適化されてきて、

スタートアップの助けにはなりにくいと言われる。


そんな中モノづくりにおける革新は、着々と、あるいは実験的に進んでいる。

3Dプリンターを使って、モノづくりに力を注ごうと決めた人が、

自分で開発を進められる。


ネジなどの部品ありきだったモノづくりだが、

最近では、部品の組み合わせではできないデザインが実現されている。


そしてソフトウェアの世界で実力を蓄えた人が、

モノづくりに取り組み、
ソフトとハードをつないで新しいものを作ろうとしている。



これからの日本にとって、企業にとって、個人にとって大切なものとは何か。

モノづくりの先端を走る二人の起業家のディスカッションから、

水面下を走る大きな変化の潮流を感じて下さい。


(ゲスト)

takram design engineering 代表 田川 欣哉 氏

ユカイ工学株式会社 代表 青木 俊介 氏


(インタビューアー)

ITジャーナリスト 林 信行 氏


編集者:伊丹

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:2014.05.22デジタルファブリケーション最前線

元動画は2014年5月22日に投稿されたものです。