【まるで落語!】世界一の日本電産率いる永守社長が創業当時、採用で行った予想外の珍採用とは?


「納期を他社の半分、つまり倍働いて無理だったらしょうがない」

そう言い放つのは、精密小型モーターの開発・製造において世界一のシェアを誇る日本電産の創業者、永守重信氏。この永守氏の講演が今一部の経営者の間で話題になっています。

創業当時の中小企業のときは、求人に応募してくる学生は居なかったそうです。倍働くという働き方も特徴的ですが、いい人材を見つけるために永守社長が行った奇想天外な採用方法とはどのようなものだったのでしょうか?!これは誰もが驚くに違いありません。


これは採用後の話も聞いてみたいですね。


この動画を楽しんで頂けた方はこちらの動画も楽しんで頂けると思います→【本田宗一郎がSONYで1度だけ行った講演がこれだ!】掴みはこれでOK? 本田宗一郎のユニークな冒頭スピーチとは(1分)

編集者:外間

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
元名探偵コナンのアニメーター。
現在はフリーの絵描き兼ライター兼エンジニア見習い。ビズキャストではキュレーターとして、
「気づく・楽しく学べる・試したくなる」をキーワードに講演、PR動画を紹介してます。

Bizcast掲載日:

元動画は2013年11月11日に投稿されたものです。