CEO自ら実践!防弾ガラス付きのベンツで銃で撃たれてみた(2分動画)


銃弾がもし貫通したらどうなるのさ!



防弾ガラス製造会社のTexas Armoring Corporation(TAC)の最高経営責任者Trent Kimball氏は自社の防弾ガラスが搭載されたメルセデス・ベンツのSUV GLクラスに自ら乗り込んでAK-47の銃弾を受けています。自社製品がどれだけ信頼性が高いかを社長自ら実弾を受ける実践を行っているわけです。




至近距離でかなりの銃弾がフロントガラスに直撃していますが、室内は全く破損物が見られませんね。

CEO Trent Kimball氏は動画の最後に「もっと銃弾に耐えられたよ!」自社製品に対する自信を感じますね。

Source:[ JALOPNIK, NEVERまとめ ]

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
ライター、Webデザイナー、プログラマー。米国のGoogle、Twitter、Evernote本社などシリコンバレーのIT企業に研修を行うRyukyufrogs 5期生。そこで出会った仲間や社会人の方と長期記憶補助型学習アプリ「Halo」を開発中。Google GlassやMyoを外国からとりよせるほどミーハーでつ。以前はGIZMODO JAPANライター。現在は月間利用者数が760万人を突破したスポットライトの公式ライター。サイバーエージェント教育事業部Tech Kids Schoolの沖縄支部でChief mentorとDirectorやってます。興味があるもの、AI、カーボンファイバー、量子コンピューター、イーロンマスク。夢は月にセキュアなデータ・センター作ることと、沖縄に市街地型のF1サーキット作ること。沖縄在住。
■ツイッター
https://twitter.com/ryu_miyagi

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:This Is What It's Like To Be Shot At With an AK-47 in a Mercedes-Benz!

元動画は2014年11月10日に投稿されたものです。