6年という日々が物語る片足からのワールドチャンピオン


この動画は私たちがもしも6年間何かに真剣に打ち込むとどのような結果が起こるのかを証明してくれているのかもしれません。
24歳のScott Deardon氏による片足を引きずってあるく2008年からスプリント競技を始める2012年、そして現在が写し出されています。

Scott氏はニューサウスウェールズ州のテモラで育ち、12歳の頃に靴ひもがトラクターのPTOシャフト(米国ではトラクターでの死因の約6%がこのシャフト)に巻き込まれ、右足を切断することになったのです。

今日ではScott氏は片足の大腿部切断のハンディを持つ者の世界最速記録を保持するまでになりました。彼の成し遂げた功績を見ると、あなたがもし何か成し遂げたいものに物凄く多くのものを捧げたなら、何もあなたを止めるものは存在しない。と証明しているのかもしれません。

彼が事故後に医師を驚かせたのは、リハビリ入った一週間半で歩行して見せた事です。

そして2007年と2009年に水上スキーのオーストラリア代表として世界タイトルも獲得し、その後スプリンターに転向することになるのですが、その時のことを「自分の持っているもの(ハンディ)と上手くやりくりしながら、多くの健常者よりもむしろ恵まれていると、伝えることができる」
その年2009年にキャンベラにあるAISに入りパラリンピアのランナーとして新たな夢を追うことになるのです。世界タイトルも獲得する程の水上スキーもスプリントで頂点に立つまで辞める、という決意は相当なものだっだでしょう。それから2012年にロンドンパラリンピックの100m T42クラスで彼は銀メダルを獲得しました。

彼曰く、「人々はパラリンピックで私が鍛え上げた走りをみても、私がアスリートでもなんでもなかった頃から世界クラスのアスリートになるまでの過程を知らないのです。それは寧ろ良い事で、世界にパラリンピア達は身体的な不自由はないと証明できるからです。私たちは、私たちの出来る範囲でその事に真剣に取り組むアスリートだからです。」

posted by flip to GIFMAGAZINE



Scott氏は愛する何かを見つけそれを追及し叶えようと苦しい戦いに身を置いている人々に、こう残しています。
「私は定年退職という概念を嫌います。そしてその時に日々の生活がつまらないものであったと気がつくのも望みません。あなたにもです。もしあなたの今できることをめいいっぱい楽しみ、あなたを応援してくれる人達を大切にしたなら、あなたは人生において本当に価値のあるものを獲得するでしょう。」

日本でも過去に義足を付けた選手はインチキだ!(スプリント用の義足がバネのようになっているため)などと心ない言葉を投げかける人たちの間で議論になりましたが、Scott氏の場合はその膝下が義足の人たちよりも、更に歩く事や走る事が困難とされている膝上まで義足のランナーです。
あなたがもし何か成し遂げたいものに物凄く多くのものを捧げたなら、あなたを止めるものは何も存在しないのかもしれません。

Source: [Mashable, AIS ]

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
ライター、Webデザイナー、プログラマー。米国のGoogle、Twitter、Evernote本社などシリコンバレーのIT企業に研修を行うRyukyufrogs 5期生。そこで出会った仲間や社会人の方と長期記憶補助型学習アプリ「Halo」を開発中。Google GlassやMyoを外国からとりよせるほどミーハーでつ。以前はGIZMODO JAPANライター。現在は月間利用者数が760万人を突破したスポットライトの公式ライター。サイバーエージェント教育事業部Tech Kids Schoolの沖縄支部でChief mentorとDirectorやってます。興味があるもの、AI、カーボンファイバー、量子コンピューター、イーロンマスク。夢は月にセキュアなデータ・センター作ることと、沖縄に市街地型のF1サーキット作ること。沖縄在住。
■ツイッター
https://twitter.com/ryu_miyagi

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:Scott Reardon T42 Paralympian Sprinter

元動画は2014年11月3日に投稿されたものです。