世界中で話題になったPR!日本では原宿の観光PRにも使われた「Happy」とは?


アメリカの音楽プロデューサーであり歌手でもあるファレル・ウィリアムズが昨年リリースした『Happy』は24時間分のプロモーションビデオを作成した事で話題になりました。
このビデオは公式サイトにアクセスするとビデオ内の時間とアクセス時間がリンクして、例えば17時にアクセスするとビデオ内の17時の部分から再生される、という仕組みになっています。

ビデオにはファレル・ウィリアムズ本人も登場しますが、出てくる人達はほとんどが街に住む普通の人々で、その中に幾人かのセレブが人知れず混ざっているというトリッキーな内容になっています。

このプロモーションが成功したのか世界中で『Happy』を使った同じようなビデオが作られました。その中でも今回は、東京原宿を舞台に撮られたものを紹介しました。

こうしたPR方法は、誰でも参加ができ、撮影ができるという点がウケおり、新たな観光PRに一役担っています。
果たして次の『Happy』は何なのか?
時代の流れに乗り遅れないためにも、日々のチェックが欠かせませんね!
編集者:やまぐち

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
渋谷在住。地元岐阜を盛り上げるために活動しながら、渋谷のbar"Encounter"でも働いています。ビズキャストではキュレーターとして、海外のCMや斬新なアイデアを紹介しています。

Bizcast掲載日:

元動画は2014年4月29日に投稿されたものです。