iPhone 6と6 Plusで高解像度の4Kビデオ再生ができる!


公式ではアナウンスされていませんが、、、



iPhone 6の解像度は1334x750、iPhone 6 Plusの解像度は1920x1080とデバイス的には4Kの恩恵にはさずかれないのですが、MacRumorsによると4Kの3840x2160の動画再生に耐えられるだけのポテンシャルを秘めてる事がわかったとのこと。A8チップ高性能なんですね!


iPad Air 2のチップはA8とチップの更に上の3コアCPUのA8Xプロセッサ搭載なので更に性能が上になります。なのでiPad Air 2でも4Kのビデオ再生が可能という情報もでています。ですがMOV形式とAVI形式の4Kビデオ再生な多少もたつくとのこと。


ただ、iPad Air 2の解像度自体も、2048x1536なため4K(3840x2160)は表現できないためこちらもチップの恩恵は得られないのですね。性能的にはこなすことができるこれは、iPad Air 2よりも大きな「iPad Pro」が登場する兆しなのかもしれません。iPad ProはApple製のチップが搭載されるのではとも言われており、もしかするとそのiPad Proの画面の大きさが4Kビデオを表示できる程の大きさのディスプレイを搭載しており、その画面で4K動画をスムーズに動かせるだけのApple製のチップが必要なのかもしれません。

単純に公式にアナウンスされていないのは、A8がのっているApple製品で4K動画を表現できる端末がまだ登場していないからなのかもしれません。容量もストリーミングや配布する際のデータ容量も今よりたくさん使うことになりますし。



Source: MacRumors, Cult of Mac

関連動画:4K映像でみるリアルなサーファーの世界。映画のようなとんでもない映像に思わず息を飲む

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
ライター、Webデザイナー、プログラマー。米国のGoogle、Twitter、Evernote本社などシリコンバレーのIT企業に研修を行うRyukyufrogs 5期生。そこで出会った仲間や社会人の方と長期記憶補助型学習アプリ「Halo」を開発中。Google GlassやMyoを外国からとりよせるほどミーハーでつ。以前はGIZMODO JAPANライター。現在は月間利用者数が760万人を突破したスポットライトの公式ライター。サイバーエージェント教育事業部Tech Kids Schoolの沖縄支部でChief mentorとDirectorやってます。興味があるもの、AI、カーボンファイバー、量子コンピューター、イーロンマスク。夢は月にセキュアなデータ・センター作ることと、沖縄に市街地型のF1サーキット作ること。沖縄在住。
■ツイッター
https://twitter.com/ryu_miyagi

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:iPhone 6 - 4K (3840x2160) Video Playback PROOF (50mbps & 100mbps)

元動画は2014年11月22日に投稿されたものです。