ミャンマーで15年、1万人以上の命を救った小児外科医が語る!人の生死に人生をかける理由とは? ジャパンハート 吉岡秀人氏


Infinity Ventures Summitの動画一覧はこちら

「一番大切なのは、兎に角アウトプットすること。これがなければ人生変わらない。」

そう始まる吉岡さんの講演。人生をかけて取り組むべきことは何か?というテーマの講演ですが、どちらかというと、「人生をかけて取り組むべきことを探すためにどう行動していくべきか」というところを話しているように思います。

人生を切り開いていくために、珠玉の名言がちりばめられた講演です。1時間程の講演ですが、今後の人生のためにも是非見て頂きたい動画です。

以下、私が選ぶ名言の一部です。この他にも、相当ありますが、後は動画をご覧下さい。

「日本で一番勝った投手は金田まさよしさん。大リーグはサイヤング。彼らは最も勝利を得たピッチャーだったんです。ただ、最も敗戦が多いピッチャーでもあったんですね。恐らく僕は誰よりもたくさん患者を見て、誰よりも多分失敗をしたんですね。」

「殺そうと思って、殺したら楽なんですよ。人を助けようと思って殺してしまったときの、この感覚はね、やっぱり、これ以上、辛いことはないです。これを味あわないために、何でもできるようになろうと思った。」

「何かを学んだりすることは、貯金するようなことです。一時気もちいいかもしれないですけど、何も変わってないんです。お金は使ったときに、初めて何かが変わりますが、それと同じです。必ずアウトプットしないと意味がないんです。」

「興味あること全部やったら良いんです。でも、最後に残るは本当自分のやりたいことだけ。だから色々試してみたら良いんですよ。どうせ捨てていくことになるから。」

「一番ダメな人間のすることは、考え込んで動かないことです。今日と同じ明日が続くだけです。失敗し続けて良いからアウトプットするんです。」

「行動し続ける、ただそれだけです。その結果、10年、20年続けていくと大きく変化していきますよ。」

「今日努力したことが明日返ってこないですよ。タイムラグが絶対にある。だからこそ、今のうちから良いと思うこと、やりたいことをやっていないといけない。」

IVSサマーワークショップ2013 Session 6 人生をかけて取り組むべきことは何か?

(スピーカー)
特定非営利活動法人 ジャパンハート 代表 医師 吉岡 秀人 氏

(モデレーター)
インフィニティ・ベンチャーズLLP 共同代表パートナー 小林雅 氏

関連動画:【会場中が感動でスタンディングオベーションに!】「 アジアで15年、1万人以上の命を救った小児外科医の魂の記録」ジャパンハート 吉岡秀人氏

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:IVSサマーワークショップ2013 Session 6 人生をかけて取り組むべきことは何か?

元動画は2013年8月29日に投稿されたものです。