居眠り運転を防止 富士通がウエアラブル端末を発表


富士通は、ドライバーの眠気を検知し、本人や運行管理者に知らせるウエアラブル端末を公開しました。 富士通が開発したのは、耳たぶに付けたセンサーでドライバーの脈拍を測り、眠気が検知できるというウエアラブル端末です(ANNnewsCHより)。

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:居眠り運転を防止 富士通がウエアラブル端末を発表(15/01/20)

元動画は2015年1月20日に投稿されたものです。