消費者の景気の動きに対する意識が3カ月連続で上昇(ニュース)


内閣府が11日発表した7月の消費動向調査によると、消費者心理を示す一般世帯の消費者態度指数(季節調整値)は41.5と、前月比0.4ポイント上昇した。改善は3カ月連続で、2013年11月(42.4)以来の高い水準となった。内閣府は基調判断を前月の「持ち直している」に据え置いた。

指数を構成する意識指標のうち、「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」の3項目はいずれも3カ月連続で改善した。雇用や給与水準を示す指標が改善傾向を示しており、消費者にも実感されつつあるようだ。「耐久消費財の買い時判断」は前月比横ばいとなった。

1年後の物価見通しは、「上昇する」と答えた割合(原数値)が前月比2.2ポイント増の85.5%だった。

編集者:やまぐち

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
渋谷在住。地元岐阜を盛り上げるために活動しながら、渋谷のbar"Encounter"でも働いています。ビズキャストではキュレーターとして、海外のCMや斬新なアイデアを紹介しています。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:7月消費動向調査 「消費者態度指数」が3カ月連続で上昇(14/08/11)

元動画は2014年8月11日に投稿されたものです。