スカイマークが機内販売で賞味期限切れの食品を販売(ニュース)


エアバスからの身売り要求で揺れる航空会社スカイマークにまたもトラブルが発覚した。機内販売をしている食品から、賞味期限が1か月以上も過ぎた商品が見つかったことが8月10日までに分かった。7月29日に運行した那覇発羽田行きの便で、機内販売されていた商品のなかに、賞味期限を過ぎたカップラーメンが8個見つかり、いずれも賞味期限は6月上旬で、1か月半も過ぎていたという。社内で調べたところ、賞味期限が切れたカップラーメンやコンソメスープが最大26個、乗客に販売された可能性があることが分かった。スカイマークは、機内に搭載した際や、販売時の賞味期限の確認を忘れたことを原因に挙げている。報道機関の取材に「再発防止と信頼回復に努めます。深くお詫び申し上げます」などとコメントしている(TomoNews(トモニュース)より)。


編集者:編集長

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:SKY 機内販売で賞味期限切れ

元動画は2014年8月11日に投稿されたものです。