コストが高いとは言わせない!ランボルギーニも使っているカーボンの新技術「フォージドコンポジェット」


カーボンはその組み合わせ次第では鉄よりも何十倍もの強度を保ちながら軽さはアルミの半分以下という正に夢のような素材です。

それゆえ世界中の研究所や企業が日夜大量生産の方法を模索しています。そのカーボンが広く使われている方法としてカーボンファイバーを編み込んだ材質があります。これはカーボンの特性を上手く引き出せているのですが、製造工程に手間とコストがかかってしまい、今では一部の超高級車や飛行機などにしか使われていません。

今回取り上げるのは同じカーボンを使いながらも生産性が劇的に上がりコストも低くなると期待されている「Forged Composite」という技術です。


スーパーカーでおなじみのLamborghiniがその最先端技術に特化しているとされており、1台約220万ドルで全世界20台限定販売されたSesto Elementoにも実際に使われております。





このforged composite技術と従来のカーボンファイバー素材をふんだんに使用しているため、4WD機構とエンジンなど全て合わせた車重が驚異の999キロとなっております。一般的な軽自動車と同じ重さでトラックやF1クラスの物凄いパワーのエンジンがのってる、とするとわかりやすいでしょうか。

なおこのカーボン素材を使った技術は日本の研究所や企業が最先端を走っていて、カーボンファイバーでは東レ、この「forged composite」技術は名古屋工業大学が設立した日本オートモービル・ランボルギーニ先進複合材構造研究所などが有名です。






今は高価な夢のような素材カーボンですが、今後ますます製造方法に劇的な進歩が見られ私たちの身の回りに多くあふれたものとなるかもしれませんね。

Source: 名古屋工業大学, carview

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
ライター、Webデザイナー、プログラマー。米国のGoogle、Twitter、Evernote本社などシリコンバレーのIT企業に研修を行うRyukyufrogs 5期生。そこで出会った仲間や社会人の方と長期記憶補助型学習アプリ「Halo」を開発中。Google GlassやMyoを外国からとりよせるほどミーハーでつ。以前はGIZMODO JAPANライター。現在は月間利用者数が760万人を突破したスポットライトの公式ライター。サイバーエージェント教育事業部Tech Kids Schoolの沖縄支部でChief mentorとDirectorやってます。興味があるもの、AI、カーボンファイバー、量子コンピューター、イーロンマスク。夢は月にセキュアなデータ・センター作ることと、沖縄に市街地型のF1サーキット作ること。沖縄在住。
■ツイッター
https://twitter.com/ryu_miyagi

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:Callaway and lamborghini introduce Forged Composite

元動画は2010年10月2日に投稿されたものです。