ダイソンから微粒子レベルのホコリを除去する扇風機「Dyson Pure Cool」が登場


あのPM2.5よりも更に小さな微粒子のゴミまで取り除くことができます。






先日、イギリスの空調家電を開発・販売しているDyson(ダイソン)社から、新たに空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool(ダイソン ピュア クール)」を発表いたしました。

ダイソン独自の技術「Air Multiplier(エアマルチプライアー)」を応用した製品でおなじみの「羽のない」扇風機という風貌は従来どうりなのですが、新たにPM0.1を99.95%除去できる「360°グラスHEPAフィルター」を搭載し空気清浄システムを導入いたしました。



有害な部室のホコリだけではなく、「ニオイ」まで除去してくれるのは凄い清浄機能なのではないでしょうか。



この高性能な性能の秘密はこの特殊なフィルターによるものだそうです。1日12時間使う計算だとしても1年間はメンテナスフリーで使用することができます。替えのフィルターは別売りで6,480円(税込)です。





これだけ長いフィルターが一つのDyson Pure Coolに収まっているとは凄いですね。

実際はもっと密度の高いフィルターとうものは存在します(マイクログラスファイバー素材)が、あまり密度が高すぎると扇風機としての本来の風を送る「風量」が維持できないため、扇風機としての機能もちゃんと使えるように開発されているそうです。気になる点としては微細なゴミをすいとり続けると「詰まり」のようなものが起こってしまうのではと懸念しがちですが、それらも起こらないとのこと。だけどPM0.1レベルのゴミまでしっかり除去してくれるのは凄いですね。





2015年4月28日発売予定で、「アイアン/サテンブルー」「ホワイト/シルバー」の2色展開となっており、価格は69,984円(税込)。メーカー2年保証。






Source:Dyson ,URAMAYU, DMM NEWS

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
ライター、Webデザイナー、プログラマー。米国のGoogle、Twitter、Evernote本社などシリコンバレーのIT企業に研修を行うRyukyufrogs 5期生。そこで出会った仲間や社会人の方と長期記憶補助型学習アプリ「Halo」を開発中。Google GlassやMyoを外国からとりよせるほどミーハーでつ。以前はGIZMODO JAPANライター。現在は月間利用者数が760万人を突破したスポットライトの公式ライター。サイバーエージェント教育事業部Tech Kids Schoolの沖縄支部でChief mentorとDirectorやってます。興味があるもの、AI、カーボンファイバー、量子コンピューター、イーロンマスク。夢は月にセキュアなデータ・センター作ることと、沖縄に市街地型のF1サーキット作ること。沖縄在住。
■ツイッター
https://twitter.com/ryu_miyagi

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:ダイソン 「Dyson Pure Cool™ 製品発表会 - 煙でデモ」

元動画は2015年3月18日に投稿されたものです。