これは正気なのか? 前代未聞の『インプラント・ブランディング』がヤバすごいw


アルゼンチン ラグビー協会のスポンサーを務めるビールブランドの「Salta」が、“ラガーマンにとっての最高のビールであること”を訴求するために実施した、驚愕のブランディング施策をご紹介します。

ラグビー選手と言えば、練習や試合中の激しい“あたり”で歯が折れたり、抜けたりすることはさして珍しいことではありません。今回の企画は、そんな歯を失ったラグビー選手たちに「Salta」特注のスペシャルインプラントを提供するというもの。

何が“スペシャル”なのかというと、同社のロゴ入りで、『ビールの栓抜き』の役割を果たすインプラントなのです。

このインプラントは3Dプリンタを使って“患者”一人一人にあった形状やサイズで作られており、手術をされたラガーマンたちは一様に満足げです。

そして瓶ビールの蓋を意気揚々とインプラントであける選手たち。
思わず「本当に行われたことなのか…」と疑ってしまうほど、奇想天外な企画です。

“ラガーマンにとっての最高のビール”というメッセージを驚きの手法でコミュニケートする、前例のないブランディング施策でした。
AdGangより)

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:Salta Beer: Tooth implant

元動画は2015年4月17日に投稿されたものです。