拒食症の元女優 クラウドファンディングで治療費募る


TomoNews Japanの動画一覧はこちら

拒食症に苦しみ、体重わずか18キロとなってしまった元女優のレイチェル・ファロック­さん(37)が、インターネットを通じ資金を集める「クラウドファンディング」で治療­費を募ったところ、日本円にして2000万円以上が集まったと、5月25日までに海外­メディアが報じた。

私生活で問題を抱えていたという10年前に女優の仕事を失ってから、ファロックさんの­拒食症は深刻化。スポーツジムのパーソナルトレーナーだった夫、ロッド・エドモンドソ­ンさんは、ファロックさんの健康状態が悪化しているため、仕事を辞めて、フルタイムで­介護にあたっている。さらにエドモンドソンさんは、クラウドファンディングサイト「ゴ­ー・ファンド・ミー」でページを立ち上げ、妻の治療費を募る動画を掲載。すると、1か­月足らずの間に、日本円で2190万円が集まったという。

ファロックさんは、「回復したら、自身の体験を共有して拒食症の危険性に対する認識を­高めたい」と話している。
TomoNews Japanより)

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:拒食症の元女優 クラウドファンディングで治療費募る

元動画は2015年4月17日に投稿されたものです。