こんなビール瓶あり?青島ビールが提唱する目から鱗のデザインアイディア


中国の有名ビールブランド・青島ビールが実施したユニークなデザインアイディアをご紹介。

あるマーケティングデータによると、中国人は乾杯をしてから“お酒を一気に飲み干す(=干杯)”のを好むのだといいます。ですが、伝統的なビール瓶の形状は、首の部分が細すぎたり、飲み口の部分が小さすぎて、ゆっくりと飲まざるをえず、到底一気に飲み干すことができません。



そんなインサイトに着目して、代理店のDDBグループが考案したのが、ビール瓶を“逆さま”にしてしまうというアイディア。底の部分が蓋(飲み口)になるということです。

このようにすることにより、飲むスピードが速くなり、さらに一度蓋をあけたら(底が細すぎて)テーブルに置くことも困難なので、必然的に一気に飲み干すことになるというコンセプトでした。


現在のところこの新しいビール瓶は、青島ビール専用バーでのみ提供しているとのことですが、今年のカンヌライオンズにおいて会場付近のバーでも提供する予定とのことです。
AdGangより)

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:"Bottoms-up Bottles" by DDB China for TsingDao Beer

元動画は2015年6月4日に投稿されたものです。