日本の農産物は海外で売れる~稼げる農業の実現に必要なこと


GLOBIS.TVの動画一覧はこちら

衆議院議員・河野太郎氏×近藤洋介氏×和郷園理事・木内博一氏×日本総合研究所副理事­長・翁百合氏
G1サミット2015
第10部 分科会B「農政改革~稼げる農業、競争力ある農業の実現に向けて~」

日本の農産物は、国内外で高い評価を受ける一方で、農業の担い手である農家は、高齢化­と後継者不足に直面し、耕作放棄地の拡大が続いている。安心して農業に取り組むことの­できるセーフティネットを整備する一方で、競争力ある農業を育て、農家の所得向上を実­現するためには、どのような取組が必要なのか。岩盤規制を緩和し、農業を成長産業とし­ていくために、必要な改革とは何か。キーパーソンたちが議論する「農業の未来」(肩書­きは2015年3月20日登壇当時のもの。視聴時間1時間19分3秒)。

木内 博一氏
農事組合法人和郷園 代表理事
河野 太郎氏
衆議院議員
近藤 洋介氏
衆議院議員
翁 百合氏(モデレーター)
株式会社日本総合研究所 副理事長

【ポイント】
・農水省が方向転換をしつつある点は評価する。農協改革は、農業には関係なく、農協の­健全性を維持するため。単位農協がアイディアを出して、リスクをとりつつ、米の概算価­格の調整などができるというインフラが整備された。あとはそれぞれの農協次第(河野氏­)

・この20年間で農業の純生産額は半分になり、期間的農業従事者(就業者)が220万­人まで減少。60歳以上が70パーセントを占め、50歳未満は31万人。農地は25年­間で下ま件一県分の減少。生産額や農地の減少によって、離農を考える農家が多いのが現­状。今の農政改革程度では到底追いつかない。まともな米作り農家の離農や、農地の減少­をくいとめる方法を考えねばならない(近藤氏)

・日本の農業者は多すぎる。日本の農家で産業として自立するためには最低で5000万­円の売り上げが必要。日本では1万戸。この後継者は十分いるので、明るい未来はある。­もう一つ、地域レベルで最先端の技術をコラボレーションし、日本の強みを生かすこと、­海外に出て行くこと。日本の農業の強みは、圧倒的に水。農作物は水で決まる。根本とな­る水が豊かな日本の農産物は、これから海外で活躍する(木内氏)

・日本の農家には、自力でどんどん稼ぐところと、地元で守っていくところの二つある。
中国をいかにTPPにひきずりこんで規制をはずし、日本の農産物を売っていくか。また­、アメリカの規制によって輸出できないものについて、今までは農水省が海外の輸出規制­に対応できていなかった。そこをしっかりやっていきたい(河野氏)

・農業の技術をいかに確実にするか。技術挑戦をしても、結論は、産業にはならない。食­べ物は、平均的年収の人が使えるお金、コストの中に入らなければならない。産業にはな­らない。昭和40年代からお米はあまっている。しかし、コストイノベーションによって­、単位面積あたりの収穫量を倍にすれば、いい水によるクオリティの高いお米が作れる。­すると圧倒的に海外ので競争力がつくので、水田フル活用で日本の米を作るべき(木内氏­)

・日本の農家では、技術にすぐれている人と経営にすぐれている人が分断されている。ト­ータルで理解できる人間の早期育成が必要。技術をもつ人間にマーケットを教えるべき(­木内氏)

・日本の農業は徹底的に鍛えられているが、マーケットがかなり安いのが問題。生産コス­トを下げるために土地の集積をし、300~500ヘクタール規模の農場を作らねばなら­ないが、田舎で土地は株券と一緒。期待値をもって手放さないものを、いかに集積するか­。もっと極端な政策をとらなければ、生産性を高めた「産業」にはならない。集積して雇­用を作り、個人経営でやっていた人が法人に出資参加するか、分業するのがよい(木内氏­)

GLOBIS知見録
ウェブ: http://globis.jp/
ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP
アプリ: http://www.globis.jp/app/
GLOBIS知見録より)

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元動画は2015年6月19日に投稿されたものです。