朝日新聞・世紀の大誤報はなぜ起こったのか――信用回復には事実と根拠を


GLOBIS.TVの動画一覧はこちら

ジャーナリスト・櫻井よしこ氏×アゴラ研究所所長・池田信夫氏×参議院議員・三宅 伸吾氏× 現代ビジネス編集長・瀬尾傑氏
G1サミット2015
第10部 分科会D「朝日新聞と慰安婦問題」

2014年8月、朝日新聞は、慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の証言を報じた自­社記事が虚偽であったことを報じ、記事を取り消した。これまで慰安婦の強制連行と軍の­関与を裏付けてきた記事の影響は大きい。2015年1月には「日本の国際的評価が低下­し、国民の名誉を傷つけられた」として、約8700人が朝日新聞を提訴。原告団はすで­に2万人を超える規模となっている。世紀の大誤報は、なぜ起こったのか。なぜ32年間­にわたって放置されたのか。メディアの信頼を回復するとともに、事実に基づいた歴史認­識を形成し、国際社会における信用回復を図っていくために、必要な行動を議論する(視­聴時間1時間18分01秒)。

池田 信夫氏
株式会社アゴラ研究所 所長 
経済学者
櫻井 よしこ氏
ジャーナリスト
三宅 伸吾氏
参議院議員
瀬尾 傑氏(モデレーター)
株式会社講談社 
現代2020企画部部長 兼 『現代ビジネス』編集長

【ポイント】
・慰安婦問題には、メディア全体における問題も含まれている。ジャーナリズムはつぶれ­てはならない。ジャーナリズムの仕事ができる感謝、本当に自分たちは正義なのかという­反省、読者・取材先への敬意をもつべき(瀬尾氏)

・ジャーナリズムの基本は、思い込みやイデオロギーを排除して、何が起きているかとい­う事実を伝えること。慰安婦問題における朝日新聞の対応からは、これが見事に排除され­ている。慰安婦報道に関する朝日新聞のスタートそのものがジャーナリズムではない(櫻­井氏)

・元慰安婦として初めて顔と名前を出した金学順さんの記者会見について、植村隆記者は­、彼女が言ったことを書かず、言わなかったことを書くという創作まがいのことを行って­いる(櫻井氏)

・NHK大阪放送局で、福島瑞穂弁護士から植村記者と同じ問題についての売り込みを受­けた。これが特異な点は、マスコミが取材して新たな事実を発見したのではなく、売り込­みであったこと。しかも、福島瑞穂・高木健一その他の弁護士が韓国でビラをまき、原告­(慰安婦)募集をした結果であること(池田氏)

・97年3月、朝日新聞は、吉田証言の嘘をごまかすために「狭義の強制性」「広義の強­制性」と言い出す。これは論理の摩り替え(瀬尾氏)

・この慰安婦問題は、慰安婦を強制連行したという加害者の側の枠組みが吉田清治によっ­て提示され、強制連行されたという証人(金学順)が出てたことにより、加害者と被害者­という偽の物語ができた。後押しとして92年1月11日の朝日新聞一面トップ記事が出­て、「軍関与」という構図ができたところからものすごく大きな騒ぎになった。

・私に限らず日本人はみな、当時慰安婦にならざるをえなかった女性たちには同情してい­る。だが、衛生面での軍の関与は、必要な管理。朝日新聞はそこに、「慰安婦の女性は強­制連行され、8万~20万人が姓奴隷にされ、終戦間際には証拠隠滅のためその大半が殺­された」と解説をつけた(櫻井氏)

(肩書きは2015年3月21日登壇当時のもの)

GLOBIS知見録
ウェブ: http://globis.jp/
ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP
アプリ: http://www.globis.jp/app/
GLOBIS知見録より)

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元動画は2015年7月3日に投稿されたものです。