ひまわり8号が運用開始、世界初のカラー画像


TomoNews Japanの動画一覧はこちら

気象庁は7月7日、静止気象衛星「ひまわり8号」の運用を正式に開始した。同日付の報­道などによると、従来の「ひまわり」よりも画像がより鮮明になり、静止気象衛星として­は世界初のカラー写真を撮影できるという。これによりさらに詳細な気象予報が可能にな­るほか、災害防止にも期待がかかる。

衛星写真の技術が向上した。解像度が従来の4倍になり、日本付近ではこれまで30分に­1回だった撮影が2分半に1回となるほか、白黒では判別できなかった黄砂や雲、噴煙な­どの「もや」もわかるようになる。

同衛星の打ち上げは2014年10月。その後は試験運用が続いていた。総事業費は85­0億円。
TomoNews Japanより)

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元動画は2015年7月6日に投稿されたものです。