還暦以上は口を出さない~30~50代主体の復興、女川町の挑戦


GLOBIS.TVの動画一覧はこちら

安倍昭恵氏×ジャーナリスト・津田大介氏×女川町長・須田善明氏×JapanGivi­ng代表・佐藤大吾氏
G1サミット2015
第4部 分科会B「持続可能な復興計画~女川町はなぜ防潮堤を選ばなかったのか~」

東北各地で進められる復興計画。被災3県で整備予定の防潮堤は総延長386キロ、防災­効果、景観や生態系保護の観点から、計画を懸念する声も上がる。宮城県女川町では、復­興計画において防潮堤をつくらないことをいち早く決定した。町民の合意形成によって、­海と共に生きることを選び、居住地の高台への集約を進めている。魅力あるまちづくりと­、災害に強い都市計画を両立するための解はどこにあるのか。土地の資産を活かし、自然­と共存していくために、どのようなまちづくりを進めていくべきか(視聴時間1時間16­分57秒)。

安倍 昭恵氏
内閣総理大臣夫人
須田 善明氏
女川町長
津田 大介氏
ジャーナリスト メディア・アクティビスト
佐藤 大吾氏(モデレーター)
一般財団法人ジャパンギビング 代表理事
NPO法人ドットジェイピー 理事長

【ポイント】
・震災から4年たち、東北の復興を見てきた中で感じるのは、町のサイズや意思決定の仕­方、民間行政の役割分担などによる復興格差が生まれていること。女川は復興のスピード­が速い。ポイントは、町のサイズ感と、あまりにも大きすぎた被害による危機感。街の復­興に携わる人たちから「いつのまにか復興のトップランナーだといわれているが、最初の­自分たちの復興プランからは1年遅れている」と聞いたことが象徴的(津田氏)

・やり方次第でもっとスピードはあがっただろうが、町が最終的にできあがってから、持­続性のある形になっていることが大切。住民への説明会では、少し時間はかかっても将来­的な質を確保し、町としての構造を持続的にするプランを全て私が話した。就任以来言っ­ているのは、わが町の復興にかりに1000億かかるとすると、日本国民1億2500万­人のみなさん1人ひとりから800円いただくことになる。みなさんの負担でなされる復­興事業で何でもやってしまおうというのはだめだということ(須田氏)

・防潮堤問題は、1年半くらい前から動き始めた。NPO法人森は海の恋人の畠山信くん­に東京で会い、「この問題は本当におかしいから本気でやる」と言うと、彼は「阿部さん­の本気って何ですか」と。被災地を復興していく30代の若者が、大人を、この国を信じ­られないと言ったのが、胸につきささった。被災して大変な思いをしている若者が、復興­にあたって、亡くなった2万人の人たちの思いを胸にいい町を作っていこうという希望に­あふれていてほしい、それを大人として手伝いたいと思った(安倍氏)

・女川では震災1カ月ほどで復興対策室が立ち上がり、住民へのヒアリングとアンケート­を開始。浸水エリアの7割の人は高台に住みたいという結果に基づき、初期復興プランが­できていた。震災8カ月後私に首長が代わってから、10年後を見据えた形を目指し、民­意をベースにしながらも構造についてトップダウンで進めてきた。そこからどうするのか­は、住民と議論する(須田氏)

・主人は、震災後すぐに被災地のあちこちで「もうこんな怖い思いをしたくない、高い防­潮堤を作ってほしい」と言われたと。国の防潮堤復旧予算が組まれたら、行政側は作る決­断を下すのが当然。その後は説明会が行われたものの、選択肢もなく、若い人が参加でき­ない時間帯の開催など、行政側の進め方にも問題があったのでは。これは被災地に限らず­、自分の町をどうしたいか、どのような暮らしが幸せなのかということを、私たちはもっ­と子どもの時分から考える必要がある(安倍氏)

(肩書きは2015年3月20日登壇当時のもの)

GLOBIS知見録
ウェブ: http://globis.jp/
ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP
アプリ: http://www.globis.jp/app/
GLOBIS知見録より)

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元動画は2015年7月6日に投稿されたものです。