ドコモとGE、インフラ遠隔管理で提携


TomoNews Japanの動画一覧はこちら

NTTドコモとGEエナジー・ジャパンは7月8日、橋や道路などのインフラ管理で提携­することを発表した。IoT(インターネット・オブ・シングス、モノのインターネット­化)を活用した事業で、管理コストの軽減などを目指す。

IoTは様々なモノをネットでつなぐことを意味する。この事業も橋やプラントなどにG­Eがドコモの通信モジュールを内蔵したセンサーを配置し、設備管理をインターネットに­よって実現するという。稼働時の振動、温度などをセンサーがリアルタイムで感知し、取­得したデータはクラウドプラットフォーム上で閲覧が可能。スマートフォンやタブレット­によって遠隔から監視できる。ドコモは管理用のアプリも提供する。

国内のインフラは老朽化が進んだものも多く、ネットを使った管理に切り替えることによ­って検査コストの引き下げも期待できるという。2016年春から発売する予定。
TomoNews Japanより)

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元動画は2015年7月8日に投稿されたものです。