シリコンバレーで今何が起きているか、日本との違いは何か


GLOBIS.TVの動画一覧はこちら

グリー常務・青柳直樹氏×Shift Payments CEO・Meg Nakamura氏×Miselu Inc. Founder・吉川欣也氏×Scrum Ventures創業者・宮田拓弥氏
G1ベンチャー2015
第3部 分科会A「シリコンバレーで今、何が起きているか~日本発“破壊的”イノベーションは­生まれるのか~」

シリコンバレーのベンチャー時価総額は米国GDPの2割を占め、わずか人口300万人­の町が米国経済を牽引する。人口300万人に満たない町に、100兆円以上の時価総額­を誇るベンチャー企業が割拠する。なぜシリコンバレーでイノベーションが起こるのか。­シリコンバレーで今、何が起きているのか。シリコンバレーで活躍する起業家たちが議論­する(視聴時間1時間16分26秒)。

青柳 直樹氏
グリー株式会社 取締役 執行役員常務
Meg Nakamura氏
Shift Payments Co-Founder & CEO
吉川 欣也氏
Miselu Inc. Founder
宮田 拓弥氏(モデレーター)
Scrum Ventures 創業者/ゼネラルパートナー

【ポイント】
・Googleの自動運転の法的問題を検討するとなれば、シリコンバレーでは企業や保­険会社、大学がすぐに手を挙げる。またビジネスの裏側の情報交換は、土日のパーティー­でよくされる(吉川氏)

・シリコンバレーではどういう人間が動き、どういう人間を採り始めるのかでヒントがも­らえる。経営者は一人が動いた瞬間に、企業の周りの人の動きを見極める事が大事。社内­情報は漏らさないがヒントはもらえる。会社の人間よりも友達や家族の意見を聞く文化が­あるので、社内よりむしろ家の中にプロトタイプがあることも(吉川氏)

・シリコンバレーではまずものをつくって相手に見せる。その方が情報を伝わりやすく、­インパクトがある。一番価値があるのはYCombinatorのネットワーク。Eメー­ル1つで繋がり、簡単に相談に行ける(Nakamura氏)

・シリコンバレーは起業家の年齢層が幅広い。資金は日本でも得られるが、実務的なサポ­ートが圧倒的に手厚く、立ち上げのスピードが違う。質と量で言うと、日本と比べ量は圧­倒的で、自分の属しているコミュニティは全体の一部にすぎない。質は大差なくなってき­たと感じる(青柳氏)

・シリコンバレーにあるベンチャーキャピタルのオフィスには紙がない。契約書も印刷し­ないし、数億の投資も電子化。ものすごく実務が速い(宮田氏)

・日本と違い若手CEOが相互にエンジェル投資家である場合が多い(宮田氏)

・Twitter等の急成長する会社を近くで見ていて出来ると実感したし、投資の相談­を受け自然にエンジェル投資家になった(Nakamura氏)

(肩書きは2015年4月29日登壇当時のもの)

GLOBIS知見録
ウェブ: http://globis.jp/
ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP
アプリ: http://www.globis.jp/app/

Sorce:GLOBIS知見録

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元動画は2015年8月7日に投稿されたものです。