クラウド時代のBtoBビジネス~日本の課題と勝ち抜くコツ


GLOBIS.TVの動画一覧はこちら

KAIZEN platform CEO・須藤憲司氏×Sansan代表・寺田親弘氏×ブイキューブ社長・間下直晃氏×­ワークスアプリケーションズCEO・牧野正幸氏
G1ベンチャー2015
第4部 分科会D「インターネットが変革するBtoBビジネス」

インターネットの進化はBtoBビジネスを根底から変えつつある。Web会議の普及に­よってリモートワークが浸透しつつあり、クラウドの進化によって、世界中の集合知の活­用が可能になろうとしている。クラウド時代の知の共有・ネットワーク・働き方は、仕事­をどのように変えていくのか。グロースハッカーを活用したサイト改善を手掛けるKAI­ZEN Platform、クラウド名刺管理サービスを展開するSansan、Web会議のク­ラウド市場でトップシェアを持つV-CUBEのトップをパネリストに招き、ワークスア­プリケーションズ牧野氏が斬る(視聴時間1時間12分12秒)。

須藤 憲司氏
KAIZEN platform Inc. Co-founder & CEO
寺田 親弘氏
Sansan株式会社 代表取締役
間下 直晃氏
株式会社ブイキューブ 代表取締役社長
牧野 正幸氏(モデレーター)
株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役CEO

【ポイント】
・顧客は、サイトでビジネスをしている会社。ページデザインの改善のスピードが上がる­。市場の状況にあわせて、見た目だけをすぐに変えられる。また、データが蓄積できるの­で、効果の高いデザインを提示できる(須藤氏)

・名刺管理・共有サービス。会社の他の人が交換した名刺から人脈がつながり、営業がで­きる。知っている人と同僚が名刺交換をするとアラートが入る仕組み。従ってオンライン­で営業、商談ができ、多数の営業がこなせる(寺田氏)

・一番はウェブ会議システムで場所の制限がなくなること。社長が日本にいなくてもガバ­ナンスができるし、審査も通る。電話をして、ウェブページに繋いでもらい、ボタンを押­せばウェブ会議ができる手軽さがある。営業担当が持参したPC経由で社長も商談に加わ­れる。不動産の重要事項説明などもオンライン化できるだろう(間下氏)

・Eコマースは、ページデザインが売上に大きく影響するが、対応する社内デザイナーは­余力がない。そこで、グローバルにデザイナーから改善提案を受けられる仕組みにした。­また、デザイナーの能力・得意分野を可視化した(須藤氏)

・BtoCは使い方をユーザーが考えてくれるが、BtoBは売れていても、顧客が便利­になっているとは限らない(牧野氏)

・デザイン変更に稟議の多い会社は難しい。対応の素早さの面で、そもそもの体制に問題­があるので、サイトのページごとに必要な決裁を減らすなど、意思決定の早い仕組みに変­える改善提案も行う(須藤氏)

・海外展開はアメリカ勢が強くない国に行く。国に合った使い方を提案するチームなどを­作る。各国の個別対応はアメリカはやらないので対抗できる(間下氏)

(肩書きは2015年4月29日登壇当時のもの)

GLOBIS知見録
ウェブ: http://globis.jp/
ツイッター: https://twitter.com/GLOBISJP
アプリ: http://www.globis.jp/app/

Sorce:

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元動画は2015年8月18日に投稿されたものです。