YouTubeがシンセサイザーになる!「YouTubeのシーンスキップ機能」を生かした画期的アイディア


突然ですが、YouTubeを視聴する際に『キーボードの1-9までの数字を押すと、見ている映像のそれぞれ10%-90%の位置に移動することができる』という、ちょっと裏技的なショートカット(シーンスキップ)をご存知でしょうか。

欧米で人気のビールメーカー・Grolschはこの機能を活用し、YouTubeをシンセサイザーにしてしまうというユニークな映像を公開しました。

動画を再生すると、Grolschのボトルが10本並んでいます。各ボトルには映像内での位置によって音階があてがわれていて、数字のショートカットキーを押すと、その場所に対応した音が鳴るという仕組みです。


音を組み合わせてちょっとした曲を奏でることも可能。ちなみに映像の中では1993年に世界的に大ヒットした2 アンリミテッドの「No limit」と、ディープ・パープルの「Smoke on the Water」が演奏されています。

YouTubeを宣伝で活用するといえば、『プロモーション動画やプレロールなどで、ユーザーにリーチするツール』と思い込んでしまいがちですが、そんな固定観念を完全に覆す、遊び心溢れる試みでした。

Sorce:AdGAng

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元動画は2015年6月9日に投稿されたものです。