死線を泳いだ少女OKINAWA 2015 – EPISODE 3


VICE Japanの動画一覧はこちら

南方での戦況悪化を受け、戦場になることが想定された沖縄では、老人と女性、子供を対象とした10万人の疎開計画が実行に移されようとしていた。
1944年8月21日、800余名の学童を含む約1,800人を乗せて那覇港を発った学童疎開船対馬丸は、翌22日夜、鹿児島県悪石島付近で米潜水艦が放った魚雷により撃沈された。約1,500人が犠牲となり、その約半数が、国民学校初等科1年から高等科2年(現在の小学1年から中学2年)の少年少女だった。「EPISODE 3 死線を泳いだ少女」では、この対馬丸事件の生存者のひとり、平良啓子さん(当時9歳)の命を賭けた闘い──6日間の漂流体験が語られる。米軍上陸の前年に発生した「もうひとつの沖縄戦」の証言記録。

Sorce:VICE Japan

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:OKINAWA 2015 - EPISODE 3 死線を泳いだ少女

元動画は2015年9月5日に投稿されたものです。