今ぶつかる課題も暴露!?経営者としての経験の積み方 佐藤光紀氏 平尾丈氏


希代の起業家・経営者はどのように成長してきたのか。
ウェブ広告のトップクラスプレーヤーとして君臨し続けるセプテーニ佐藤氏
リクルートで天才と呼ばれ、起業・上場を経てさらに成長を目指すじげん平尾氏が語る

◆今までの失敗
・学生時代から140ぐらい挑戦してほとんど失敗した。
 学生の立場もあって多くの試みの中で失敗・成功体験できたのは良かった(平尾氏)
・今まで失敗をほとんどしないと思われている。
 実際には大きな挑戦の前に小さな試行錯誤をたくさんして、
 ここぞという勝負では失敗しないようにしている。(佐藤)

◆事業の進め方
・仏像を彫るときに、仏像は最初からあってそれを掘り出すというのと似ている。
デバイスの流行などはわからないが、WEB化の潮流は変わらない。
そこで勝負する(佐藤)

◆ビジョンの伝え方
・仏像を真摯に伝え続けることと、形にしてみせることの2軸(佐藤氏)

◆従業員への任せ方
・自分が肩ひじ張ってやっていたが100億円で壁があった。自分の転機。
 自分のやっている仕事を得意な人に任せていくようにした。
 我慢しなくていい仕組みを作る
 プロセスと作り方は心地よい方向に変えていくことができる(佐藤氏)

・任せると自分がやっていた時より下がる。
 デザイン以外は全部自分ができると思って口出ししてしまう。
 どこまでの胆力で任せられるかが現状の自分の課題(平尾氏)

◆これからの起業家へのメッセージ
・たくさん起こる組織的課題に前向きに取り組んでほしい。
 先輩にアドバイスをもらえるぐらい努力してほしい。(平尾氏)

・年齢は関係ない。自分が何者かになりたいという思いが大事。
 それを忘れずに目の前のことをやってほしい。

スピーカー
株式会社じげん 代表取締役 平尾丈氏
株式会社セプテーニ・ホールディングス 代表取締役 佐藤光紀氏

モデレーター
株式会社ウィズグループ 代表取締役 奥田浩美氏

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

Bizcast掲載日:

元動画は1970年1月1日に投稿されたものです。