成長企業の採用術 Kaizen須藤氏 Fringe81田中氏 VOYAGE宇佐美氏


Infinity Ventures Summitの動画一覧はこちら

IVS 2015 Spring / 成長企業の採用術

各業界で急成長を続けるIT企業。
その成長を作り出す人材を、それらの会社はどのように採用しているのか。

創業から2年社員数90名ほどのスタートアップ Kaizen Platformの須藤氏をモデレーターに迎え、
1年で2倍に人が増え100人規模になったFringe81の代表 田中氏
7人の採用チームを持ち、260人規模に成長したVOYAGE GROUP 宇佐美氏
が採用の軌跡、採用の秘訣を語ります。

会社も軌道に乗り、新卒採用に注力する2社
新卒採用のしやすさ、しにくさはあるのか。
・リーマンショックで大企業人気が高まり、今またベンチャーでも採用しやすくなっている(田中氏)
・ライブドアショックの前と後で採用のしやすさ、人材の質が変わったりはした(宇佐美氏)

新卒と中途の違いとは
・新卒は人の面白さを見て入ってくる。
 そういう人の方が多い方が方向転換などはやりやすい。
 中途はアドテクやりたいなどはっきりしている(田中氏)
・新卒は会社の理念に共感して入ってくる
 新卒が会社をよくしたいと頑張ってくれる
中途はしたいことがある程度決まっているし、
 採用側も何ができるかを見る。(宇佐美氏)

優秀な人材をとるには
・小さなセミナーでも必ず行く。
 そこでいいなと思ってくれる人は他社と競合しない(田中氏)
・早めの接触、接触時間を増やし、接触時の密度を濃くする。
 インターンシップをどれだけ濃い時間にするかにこだわっている。
 対人に強い熱い人をクローザーとして送り込んで口説く(宇佐美氏)

創業期はどうやって人材を集めたか
・小さいときは社員の紹介と、面白いブログなどを書いている人がいたら直接メールしたりもした(宇佐美氏)
・派遣にエンジニアのマネジメントをさせて、エンジニアが技術に集中できるようにしたら、
技術の向上に専念したいという中途のエンジニアが大量にとれるようになった(田中氏)

メッセージ
・これで世界を目指すというものがない中で、目指す方向を持てる人、
 価値観を共有できる人と働きたい。(宇佐美氏)
・先が見えないのを楽しめる人と働きたい(田中氏)
・大企業の人がスタートアップへ来る流れを作りたい。
大企業でくすぶっている人はぜひ挑戦を(須藤氏)

採用担当はもちろん、ベンチャーに興味のある人は参考になります。

Infinity Ventures Summit 2015 Spring Miyazaki
2015年6月10日(水)・11日(木)・12日(金)
モデレーター
Kaizen Platform, Inc Co-founder&CEO 須藤憲司氏
Fringe81株式会社 代表取締役社長 田中弦氏
株式会社VOYAGE GROUP 代表取締役CEO 宇佐美進典氏

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

キュレーターのオススメ動画を見る キュレーター登録    
日々厳選した動画コンテンツを発掘・編集しています。動画や記事を気に入って頂けたらフォローして下さい。

Bizcast掲載日:

元の動画タイトル:成長企業の採用術

元動画は2015年6月12日に投稿されたものです。