【まるで立体!?】8Kテレビ(スーパーハイビジョン)の衝撃


3Dメガネをかけてないのにまるで立体的に見えるような衝撃。まずはご覧下さい。


皆さんは8Kテレビを知っていましたか?


正確にはスーパーハイビジョンと言って、3300万画素、つまりハイビジョンの16倍の超高精細映像と22.2マルチチャンネルという今までと比較にならない音響が組み合わさったとんでもないテレビです。


NHK放送技術研究所が中心となって研究を進めている次世代技術で、2016年の実用化試験放送を目標にしているようです。

それにしても、この立体感が、画面が大きいからなのか、
 解像度が細かいからなのかが、まだ解明されていないようで、メカニズムの解明にも興味がそそります。

キュレーター:編集長

動画や記事が良いと思ったらいいね!しよう

Bizcast掲載日:

元動画は2013年5月28日に投稿されたものです。